MEDELL STAFF BLOG

medells.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 09日

《アクア店》羽織との小紋コーディネート

毎日寒い日が続き、早く春になって欲しいですね。

装いは春の色どりを意識して、今回は羽織も合わせてコーディネートしました♪
a0276760_10360986.jpg

着物(身丈158.5㎝ 裄64.5㎝) 14,000円
羽織(着丈85㎝ 裄66㎝) 12,000円
半幅帯 16,000円
帯締め 4,800円
total.46,800円
※全て税抜き価格表記となっております。

ここで、羽織の起源についてご紹介します…

羽織の起源は室町時代の終わり頃に生まれた「胴服(どうぶく)」といわれる、丈の短い袖なしの“ちゃんちゃんこ”のようなものが原型とされています。
戦国時代に入ると、胴服は、当時の武将が具足の上に好んで着用するようになりました。
これが「陣羽織」のことです。
それが江戸時代に入ると袖が付くようになり、今の羽織に近い形になりました。 しかし、当時は羽織の着用を許されたのは男性だけで、羽織を着るということがある種のステイタスを表していました。
その後明治に入ると、女性にも羽織の着用が認められ、次第に着るのが当たり前のようになっていきました。大正時代には、良家の奥様は羽織なしでは出かけないといわれるくらいに大流行したそうです。
羽織は洋装でいうところのジャケットやカーディガンにあたります。ですからコートと違い、外出先で脱ぐ必要はありません。訪問先で客間に通された場合でも、そのままで失礼にはあたらないのです。ただし、お茶席などでは脱ぐことが礼儀とされる場合もあるため、注意してください(>_<)

じゅんこでした(*'ω'*)



MEDELL 2月のお知らせ

2月10日(土)~2月25日(日) メンテナンスフェア■
着物・帯・襦袢を丸洗い(汗抜き込) 各3,900円(税抜)
※振袖・留袖は+1,000(税抜)
パールトーン加工 通常価格の20%OFF
年末年始に着用したお着物、春から着ようと思っているお着物、この機会にすっきりしましょう♪

■2月25日(日)14:00~16:00 着物美人具作成講座■
着付の国家資格を持った先生方が、実際体をみながら一人一人に合った補正を作成。
その場で補整チェック、縫い上げて持って帰られる…
1日で全てが完成します!!
着付がラクになったという声も頂いている補正具作成講座。
縫いの補助も先生方がしてくださるので、安心してください♪
この度は、よりお一人お一人の完成度を高めるため、限定6名とさせて頂きます。
ご予約はお早めにお願い致します。
 費用:5,000円(税抜)



2月20日㈫はアクア広島センター街の店休日です。
これに伴いMEDELLアクア店もお休みです。



どうぞよろしくお願い致します。








MEDELLサイト↓

MEDELL坂店

住所 広島県安芸郡坂町2-3-17
定休日 日・月
営業時間 11:00〜16:00

MEDELLアクア店

住所 広島県広島市中区基町6-27アクア 広島センター街4F
定休日 アクアに準ずる(年2回店休日あり無休)
営業時間 アクアに準ずる (通常10:00〜20:00)

[PR]

by medell-medell | 2018-02-09 11:22 | コーディネート | Comments(0)


<< 《坂店》臨時休業のお知らせ      《アクア店》振袖充実しています♪ >>